自分の大きさを客観的に知りたくて彼女に直接たずねてみました

いぶ前のことですが、部屋に彼女を呼んでさて事に及ぶ段になって二人が着ているものをすべて脱いだ際に、彼女が私の股間をひと目みて、クスリと笑い、あらかわいいのねと言ったことがありました。

かわいくてもなんでも、目的をとげることができればそれでいいのだと思うのですが、そのときの彼女の一言がいまだに私の耳に焼き付いて離れません。また別の女性に、単刀直入にペニスはやはり大きい方がいいのかとたずねたところ、そんなことを気にしている私を彼女は馬鹿にしたようにみつめました。

そんなものは性の道具にすぎない。男はすぐそちらのことばかり考えるけれど、女はただ黙って抱いてもらっている時が一番幸せなのよと言いました。

そうはいうものの、いざ事に及び、私が早々と上ってしまうと、彼女は恨めしそうに私を睨みつけました。

信憑性はともかく、シラノドベルジュラックのように鼻のでかい男はあそこも大きいとよく言われます。私の知人でやっぱり太くて長い鼻の持主がいました。その男とカフェなどに行きますとウエイトレスが彼の鼻を、じっと引き寄せられるような顔でみつめるのを私はなんども目撃したことがあります。

その経験からなんといっても女性は、男のペニスは大きいにこしたことがないのではと、いまでは私も思うようになりました。また私は若いころは包茎でした。

包茎はどうしても菌とかがたまりやすく、夏場などは着衣をとおして独特の嫌な臭いが周囲に漂い、時に周りから変な目でみられた経験がありました。それが歳とともにしだいに亀頭が開いていき、いまでは包茎ではなくなりました。

なにが原因かと考えますと、やはり、性体験をくりかえすうち、強い圧力と摩擦に触れているうちに次第にそうなっていったのかもしれませんが、あるいは疑似性の包茎だったことも考えられます。包茎の場合、亀頭が下着などに触れる機会がほとんどないので、刺激に対する抵抗力が養われず、そのため性交時においてちょっとした刺激でも射精してしまい、お互い満足を得ることが少ないという話をきいたことがあります。

やはり男たるもの、女性を満足させることは義務とまではいかなくても、両方が円満にすごせるための、必要不可欠な条件といえるかもしれません。最近は増大サプリでも、精力を高め、勃起をうながすものが多く出回っているようです。そのようなものも利用することにより、性生活の充実をはかるのもいいような気がします。
ヴィトックスαで短小を解決

実際性の悩みはつきませんが、現代はそれらの問題を解消するものが豊富にあるので、いろいろためしてみるのも悪くはないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です